中小企業様向けのBCPの策定、安否確認システムなど防災に関するコンサルティングなら合同会社プロットフュープ

ブログ

ブログお役立ち情報

介護事業所BCP義務化へ

介護事業所BCP義務化へ

3年後には完全義務化へ

感染症や自然災害の脅威が増していることを受け、新年度の介護報酬改定ではBCP策定を全事業者に義務付けること

を厚生労働省が発表しました。

BCP策定には相応の準備が必要なことを踏まえで3年間の経過措置を設け、完全義務化は2024年度からとなりま

した。

新年度からの3年間は努力義務としています。

 

東日本大震災で犠牲となったのは多くの高齢者でした。警察が身元を確認したご遺体のうち、65歳以上の割合は全

体の56.5%。亡くなった方の過半数が高齢者でした。

犠牲者の死因は90.4%が溺死だったことを考えると、津波が迫る中、避難できずに亡くなった高齢の方は相当数に

上ると考えられます。

そのような有事の際に、確実な避難及び必要な介護サービスの提供を続けられる体制の構築を目指すため、介護事

業所におけるBCP策定が求められています。

 

今年度の介護報酬改定では「災害対策」も評価のひとつとなりました。

 

 

厚労省が解釈通知案で例示した、BCPへの具体的な記載項目は以下となります。

 

○ 感染症に係るBCP

・平時からの備え(体制構築・整備、感染症防止に向けた取り組みの実施、備蓄品の確保など)

・初動対応

・感染拡大防止体制の確立(保健所との連携、濃厚接触者への対応、関係者との情報共有など)

 

 

○ 災害に係るBCP

・平常時の対応(建物・設備の安全対策、電気・水道などライフラインが停止した場合の対策、必要品の備蓄など)

・緊急時の対応(BCP発動基準、対応体制など)

・他施設、他地域との連携

 

 

各項目の詳しい記載内容については、「想定される災害などは地域によって異なる。項目は実態に応じて設定する

こと」と呼びかけられているため、各事業所ごと被害想定を把握した上でBCPを策定することが必要です。

 

BCP策定依頼やご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。