中小企業様向けのBCPの策定、安否確認システムなど防災に関するコンサルティングなら合同会社プロットフュープ

ブログ

合同会社プロットフュープ HOME

ブログコラム

今だからこそ必要な感染症BCP(感染症対策)

今だからこそ必要な感染症BCP(感染症対策)

感染症対策

【感染症対策における3つの原則】

 

 ①新型コロナウイルスを持ち込まない

 ②新型コロナウイルスを拡げない

 ③新型コロナウイルスを持ち出さない

 

【基本の感染対策】

 

「健康管理」

  ・健康状態の確認・記録

  ・日頃の体調管理

 

「接触感染対策」

  ・手指衛生(手洗い・手指消毒)

  ・人がよく触れる箇所の環境の衛生管理

 

「飛沫感染対策」

  ・咳エチケット

 

  ※新型コロナウイルス感染対策では、これら通常の感染対策に加え「3密」を避ける。

「3密とは」

  ・密閉空間(換気の悪い密閉空間)

  ・密集場所(多くの人が密集している)

  ・密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)

 

【感染症対策】

 「3密を避ける」

  ⑴「密閉」空間とならないよう、こまめに換気を行う。

   ・窓があれば風の流れができるよう、2方向の窓1時間に2回以上数分間程度全開にする。

 

  ⑵「密集」しないよう、人と人の距離をとる。

   ・互いに手を伸ばして届かない十分な距離を取る(できるだけ2m以上最低1m

 

  ⑶「密接」した会話や発生は避ける。

   ・対面での会議や面談では、十分な距離を保ち、マスク着用。

   ・マスクを外す飲食や喫煙時に注意し、多人数(10人以上想定)での会食など大声を出すような催しは

    避ける。  

 

 

【従業員の個人衛生】

 ①健康状態の報告、確認、記録

  ・出勤時に毎日、健康状態と体温を報告・確認、記録

 

 ②体調不良時には速やかに職場に報告

  ・発熱、咳、寒気、悪寒、筋肉痛、倦怠感、呼吸困難、嗅覚障害、味覚障害、下痢、嘔吐など、いつもと

   違う症状があれば報告する。

  ・企業は従業員の体調不良時には出勤しないように、体調不良の申告や休暇が取得しやすい環境整備を行

   う。

 

 ③職場に入る際は手指衛生(手洗いや消毒)を徹底

  ・手に汚れがあるときは手洗い

  ・手洗いが行えない場等では、アルコールによる手指消毒

  ・食品取扱従事者や食品を取り扱う現場など食品衛生では「衛生的手洗い」= 洗い+手指消毒 を行う。

 

 

 

 ④マスクやフェイスシールドの着用

 ⑤清潔なユニフォームの着用

 

 

【お客様の感染対策】

 

 ①店舗に入るときに、手指消毒

 ②マスクの着用

 ③検温し、発熱者は入店を制限

 ④これら感染対策の協力依頼、情報発信

 

 

 「 店舗内で拡げないために」

 

  ①飛沫感染対策

   ・飛沫を防ぐ

   ・人と人との距離を取る(ソーシャルディスタンス)

   ・換気

   ・大声での発声は避け、会話を控えめに

 

  ②接触感染対策

   ・手指衛星

   ・人がよく触れる箇所の環境の衛生管理

   ・共用して使うものを減らす

   ・キャッシュレス等、非接触の方法を導入

 

 

 「飛沫を防ぐ」

 

  ①マスクの着用

   ・飲食等でマスクを外す必要があるシーンでは、直前までマスクを着用、終了後は速や

    かにつけてもらうようにする

 

  ②対面する場などでは、アクリル板やビニールシートの設置

 

 

 「 人と人との距離を取る」

 

  ①ソーシャルディスタンス

  ②対面を避ける(同一方向を向くなど)

  ③混雑緩和

   ・人数制限(カゴや靴箱などの個数をあらかじめ減らすなど)

   ・時間制限

   ・予約制

   ・整理券

   ・混雑する時間帯を公表し、オフピーク時の来店を促す

 

 

 「手指衛生」

   ・出入り口のみならず、多くの人が触れるものの近くなど、使用したい時に使用できるように、手指消

    毒剤は各所に設置。

 

 

 「 人がよく触れる箇所の衛生管理」

 

   ・人がよく触れる箇所の洗浄・消毒を行う。

   (消毒にはアルコール、次亜塩素酸ナトリウム、家庭用洗剤(界面活性剤)を用いる)

 

 

 「トイレの衛生管理」

   ・トイレの清掃、消毒すべき箇所(ペーパーホルダー、スイッチ類、 手すり、便座、レバー、ドアノブ

    等)

 

   ・トイレの蓋は閉めてから水を流す。

 

 

【注意すべき場所】

 

 ・従業員の休憩室

 ・更衣室

 ・喫煙所

 ・マスクを外して密になりやすい場所

 

 

【手指衛生の徹底】

 ・店舗を退出する際は手洗いや手指消毒を行う。

 ・帰宅したら、まず手洗いを行う。

 

 「手洗い手順」

 ①流水で濡らす 

 ②石鹸液を取る 

 ③手のひら 

 ④手の甲 

 ⑤指の間 

 ⑥親指 

 ⑧手首

 ⑨流水ですすぐ  (流水ですすいで後は、しっかり乾燥させる)

 ⑩水気を拭き取る

 

   ※手指消毒をする際に水分が残っているとアルコールが薄まり効果減少

   ※こすり洗いの目安は5回程度で、約30秒間

  

 

 「手指消毒手順」

 ①アルコールを指を立てて受ける

 ②手のひら

 ③指先

 ④手の甲

 ⑤指の間

 ⑥親指

 ⑦手首

 ⑧乾くまですり込む

 ⑨アルコールは体全体を十分にぬらせ、15秒間擦り込める量(目安3ml)

 

 

 

 

【マスクの着脱方法】

 

 「マスクの付け方」

  ①ノーズピースをフィット

  ②鼻から顎の下まで伸ばす

 

 「マスクの外し方」

  ①ゴムひもを持って外す

  ②ゴムひもを持って廃棄

   ※蓋付ゴミ箱や密閉してビニール袋など他の人が触れないように廃棄

 

【ゴミは密閉して廃棄】

 

 ・使用したマスク等のゴミはビニール袋等に入れ、口を縛るなど密閉して廃棄する。

 ・ゴミを扱うときは、マスク、手袋着用、手袋を外した後は、手指衛生を行う。

 

 

 

 

画像:Freepik - jp.freepik.com によって作成された infographic ベクトル

 

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。